プログラマ残業問題研究所

残業が多いプログラマ向けの対策案

人気トピックス

残業問題を考えよう

プログラマの残業問題に向き合い、残業が増える原因と対策を紹介するサイトです。お問い合わせ先はコチラ

対策案を考察

多すぎる残業でプログラマが心身をすり減らすことに身を委ねてしまうのは危険なので、できる限り残業を減らすために努力をすることがとても大切です。具体的な対策案としては、自分の仕事について理解している上司や同僚などに相談してみることや、残業になってしまう原因についてしっかりと検証して問題点を改善するなどありますが、できる対策はまだたくさんあるかもしれません。忙しくて疲れている時だからこそ行動してみると、思った以上に状況が改善される場合があります。

対策案を考察

ゴールを設定してみる

ゴールを設定してみる

きつい残業続きの生活をどうにか解消したくても、到底できそうな気がしないと思っている人が多いかもしれませんが、少しの発想の転換で残業を減らすことができる可能性があります。プロジェクトの計画を立てる段階で無理なスケジュールを組んでしまっているとすると、プログラマ1人の力ではどうすることもできないかもしれませんが、仕事に集中しきれなくてつい長引いてしまっている人や、他の人が残業しているから帰りにくいという人は、自分の気持ち次第で残業を減らすことができるでしょう。

天才プログラマ清水亮から学ぶ

天才プログラマ清水亮から学ぶ

一生懸命努力をしていても、なかなか仕事を効率的にこなすことができなくて悩んでいる人におすすめなのが「最速の仕事術はプログラマーが知っている」という書籍です。この書籍は天才プログラマと呼ばれている清水亮の著書で、プログラマの仕事をより早くするための実践的な方法が数多く掲載されています。普段当然のように行っている仕事が、少しの発想の転換で大幅に効率アップすることができる方法の数々は、仕事に悩むプログラマにとって大きな助けになるでしょう。

周囲に相談してみる

周囲に相談してみる

仕事でつらい状況がずっと続くのをひたすら辛抱するよりも、誰かに相談した方がいい解決策が見つかるかもしれません。残業が多いプログラマも、忙しいのは仕方がないことと諦めるのではなく、プロジェクトリーダーなどの上司や周囲の同僚に相談したり、自分の仕事のやり方を見直したりすることで何らかの対策を積極的に考えるようにしたいものです。そうすれば、休む暇もない激務の連続から解放されることができるかもしれません。