プログラマ残業問題研究所

残業に悩むプログラマの選択肢

人気トピックス

残業問題を考えよう

プログラマの残業問題に向き合い、残業が増える原因と対策を紹介するサイトです。お問い合わせ先はコチラ

それでもダメなら職場を変える以外の選択肢はない

企業で働くプログラマの多くが長時間の残業に悩んでいますが、残業の原因について考えてみたり、少しでも残業を減らす努力をしてみたりしても状況が全く変わらないのであれば、職場を変えるという方法をとるしかないかもしれません。選択肢としては、全くの異業種か同業他社に転職、フリーランスになるなどいくつかありますが、それまで培ってきたプログラマとしてのスキルを捨てるリスクを取るよりも、持っているものを活かせる道を選択した方が自分自身への負担も軽くなるでしょう。

それでもダメなら職場を変える以外の選択肢はない

スキルを捨てるのはリスクが大きい

スキルを捨てるのはリスクが大きい

プログラマとして1人前の仕事ができるようになるまでには、一生懸命勉強したり時には失敗したりして成長してきた過程があるはずです。そのようにしてせっかく築きあげてきたキャリアを残業が多いという理由で手放してしまうのはもったいないことですし、リスクもあります。残業ばかりの今の職場を辞めるにしても、転職先を安易に異業種にしてしまうとそれまでのキャリアが通用しないので、思った以上の苦労が待ち受けているかもしれません。

残業がない会社は転職エージェントが探してくれる

残業がない会社は転職エージェントが探してくれる

IT業界は、残業が他の業界に比べると圧倒的に多いと言われていますが、全ての企業がそうとは限りません。業界全体で人材の需要は多いので求人数は決して少なくはありませんが、個人の力で条件の良い求人を見つけ出すのはとても難しいことです。IT業界専門の転職エージェントでは、個人に代わって求人探しから面談や履歴書、職務経歴書についてのアドバイス、面接の日程調整など、本来1人で行うはずの転職活動をフルサポートしてくれるので、転職の失敗を防ぐことができます。

フリーランスなら労働時間が減り収入が増える

フリーランスなら労働時間が減り収入が増える

どんなに残業対策をしたとしても企業での労働時間を削るのには限界がありますが、フリーランスのプログラマになれば自分の時間の使い方を全てコントロールできるようになります。フリーランスになると収入面の不安があるかもしれませんが、IT業界のフリーランス専門の案件を扱っているエージェントを利用すれば、自分の希望に合った条件の案件をすぐに見つけて仕事をすることができるので、同じプログラマの仕事でも少ない労働時間で高収入になるなどメリットが多くあります。