プログラマ残業問題研究所

長時間残業はプログラマ以外の人も考えるべき問題

人気トピックス

残業問題を考えよう

プログラマの残業問題に向き合い、残業が増える原因と対策を紹介するサイトです。お問い合わせ先はコチラ

プログラマ以外の方も考えてほしい

残業が多いのはプログラマの仕事に限ったことではなく、それ以外の業種でも同じように長時間残業に悩んでいる人達がいます。毎日満足に眠る暇もないほどの残業生活が続いてくると、結局は健康を損ねてしまって長く働くことができなくなってしまう恐れもあります。そこまで自分自身を追い込んでしまう前に、残業ばかりの現状を変えるための方法についていろいろと模索して、無理のない仕事ができる環境を作っていくようにすることをおすすめします。

プログラマ以外の方も考えてほしい

ゴールを設定してみる

ゴールを設定してみる

残業の多い仕事というのは確かに存在しますが、全ての人が過酷な残業をこなしているというわけではありません。そのような人達の多くは仕事に対する発想の転換力があります。仕事がなかなか終わらない理由について考えてみると、終わらない量の仕事があるのではなく、自分から仕事を増やしてしまって残業になっている場合も少なくありません。そうであれば、仕事以外のことで何かゴールを設定して帰る理由を作るということが有効です。

スキルを捨てるのはリスクが大きい

スキルを捨てるのはリスクが大きい

今の仕事で培ってきたスキルを捨てて、全く違う職種に転職したいと考える人もいるかもしれませんが、そう考える前に本当に今の仕事がやりたくないのかどうか、自分の気持ちをしっかりと確かめる必要があります。残業ばかりで心身が疲れていると、今働いている職種の業界はどこへ行っても同じというイメージを持ってしまいがちですが、条件の良い職場も確実に存在しているので安易に未経験の異業種へ飛び込んでしまわずにじっくり考えるようにしましょう。

残業前提の裁量労働制を導入している

残業前提の裁量労働制を導入している

世間で騒がれているブラック企業と呼ばれているところが多く実践している制度として、裁量労働制というものがあります。裁量労働制とは、基本給にみなし残業代が既に含まれた金額で契約をしているので、一定時間数以上の残業をしても手当がほとんどつきません。これは、雇用契約時には書類など何らかの方法で知る機会こそ与えられてはいても、簡単には理解できないように工夫されてしまっていて、実際に働き始めてからその弊害に気がつくという状況が後を絶ちません。